Atlas Lens

2X ANAMORPHIC PRIME LENSES
ANAMORPHIC FOR ALL OF US
アトラスレンズ社のオリオンシリーズ真のフロントアナモフィックグループです。Orionシリーズのレンズは、絵画のような滝のようなボケ、不釣り合いな息遣い、特徴的でありながら抑制されたフレアの印象的な美しさを実現します。 これらの光学特性は、妥協を許さない機械的な機能性を備えており、あなたのシネマティック・ストーリーテリング・ツールキットの一部として利用することができます。 Orionシリーズのアナモフィックレンズは、Arri AlexaやRed DSMC2などの最新のデジタルシネマPLマウントカメラ、C300などのキヤノンマウントシネマカメラ、ソニーEマウントやマイクロ4/3カメラに対応しており、Arri PLフランジ規格に準拠した35mm映画フィルムカメラの回転ミラーシャッターにも対応するように設計されています。デジタルでもフィルムでも、65mm T2は必要な範囲をカバーし、S35mmよりも大きなイメージサークルを誇ります。(Alexa Open Gate full height Coverage)
製品仕様
*製品仕様は変更される場合があります。
交換可能なマウントシステム
マウント交換式なので、ある日はPLマウントのカメラで、次の撮影や2台目の撮影ではアダプターを介してEF、Eマウント、マイクロ4/3カメラに対応したオリオンシリーズのアナモフィックレンズを使用することができます。
フォーカスは270°回転します。アイリスとフォーカスリングの両方に搭載されたシネピッチ0.8モジュレーションギアは、レンズの同じ側に2つのモーターが取り付けられている場合でも、同時に駆動制御ができるように間隔が設けられています。
WHY ANAMORPHIC?
シネマスコープ・アナモフィック撮影はなぜ特別なのか?アナモフィックレンズで撮影された作品を見たときの感動は、言葉にするのが難しいものです。フロントアナモフィックレンズの特徴は、同じ焦点距離であれば、同じ焦点距離の球面レンズと同じ垂直方向の画角を持ち、水平方向の画角が2倍になることです。65mmの2倍アナモフィックレンズの例では、垂直方向の視野が65mm、水平方向の視野が32.5mm相当となります。 つまり、広角レンズでありながら、望遠レンズのような被写界深度の浅い画像を撮影することができるのです。この光学特性により、独特の遠近感のある拡大表示が可能となり、画像に奥行きが生まれます。 アナモフィック撮影に最適化されたセンサー(4:3モード、フルアパーチャ17.8mmセンサーハイト)を使用することで、Orionシリーズのアナモフィックレンズの潜在的なイメージを最大限に引き出すことができます。
SEE THE DIFFERENCE
2X ANAMORPHIC 65MM VS. SPHERICAL 65MM
製品ラインナップ
2X ANAMORPHIC PRIME LENSES

Orion Series Single Anamorphic Prime

Orion Series A Set 40/65/100 Anamorphic Primes

Orion Series "B" Set 32/50/80 Anamorphic Primes

アクセサリー

Atlas 1.6x LF Extender

LPL Upgrade for LF Extender

Single-lens IP67 rated case

Three-lens IP67 rated case with custom foam

Three-lens ATA case with modular custom foam

Four-lens ATA case